Profile

1959年青森生まれ。現在、気仙沼市在住。4歳から東京、目黒区で育つ。

 

小学校時代はエレクトーン教室に通い、中学からギターを手にする。中一でビートルズの音楽と出会い衝撃を受ける。高校生からバンド活動を始める。EL&Pやキングクリムゾンに傾倒する。21歳までプログレ・コピーバンドを中心に活動するが、バンド活動から離れる。

 

フランスのルノー公団日本総代理店で3年間勤務後、1985年25歳でアメリカ留学。

 

「心の貧しい人は幸いです。天国はそのような人のものです。」という、聖書の言葉を通して、イエスキリストと出会い、クリスチャンとなり、洗礼を受ける。教会でゴスペルとコンテンポラリークリスチャンミュージックと出会う。1986年から一年間ワシントン州の教会で聖書を学ぶ。卒業後、音楽牧師としてワシントン州の教会で1年間勤務。

 

1988年に帰国後、開拓教会の牧師として国内外で活動を行う。1995年より、通算8回イスラエルに行き、聖書の歴史、イスラエルのメシアニック・ジューの音楽に触れる。2005年より、シンガポール、香港、インドネシアの教会との関係が深まる。

 

2010年に「新歌VOL.1」のオリジナルCDを発表。その後、インドネシアで録音したワーシップCDアルバム。「奇跡は今も起きる」の翻訳とプロデュース。

 

2011年より、東日本大震災の被災地の支援活動に従事。2012年より、気仙沼のホープセンターを拠点に活動。気仙沼市に家族で移住。気仙沼ストリートライブフェスティバルの実行委員としても活動中。ラジオ気仙沼の「気仙沼からゴスペルをあなたに」と「KSFレイディオ」のパーソナリティ。ゴスペルレイディオステーションの「デイビッド風間のホープアベニュー」コーナー担当。

 

日本発のリバイバル。気仙沼発の日本語オリジナルゴスペルの追及がライフワーク。ホームページは1996年から運用中。

 

これまで旅した国は、イスラエル、香港、中国、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、英国、アメリカ、韓国、インド。

 

ウェブデザイン、グラフィックデザイン、写真撮影、音響PA、教会の音響設計、歌詞翻訳、英語翻訳通訳、教会でのバイブルメッセージを行っている。

 

気仙沼ホープセンター代表、ニューソングチャーチ牧師。ラジオパーソナリティ。

 

妻は、中国出身の牧師。二人の子供との4人家族。

 

(何かお手伝いできることがあれば、お気軽にお問合せください。)

 

 

 

SNSでシェア